黒猫にごはん。

BL好きの日々の糧。
小説・漫画・CD等を中心としたゆるめの
購入&読了記録です。感想は気持ち程度…。
萌ツボは眼鏡!
素敵眼鏡くんを探して漂流中です。
BLに免疫の無い方はご注意下さい!

現在、記事へのコメント、TB閉鎖中。
記事内拍手ボタン等をご利用ください♪
大切に読ませて頂いておりますが、お返事は
期待しないでくれると…(←おいっ!)

管理人、ちょっぴり息切れ気味ですがよろしくどうぞ☆(ΦωΦ)彡
投稿規制中ですが、レスは大歓迎♪
↓↓↓


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まったりと、あと何時間? | main | あけましておめでとうございます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


拍手する
スポンサードリンク * -
0 Comments * 0 Trackbacks *
読了メモ*1201〜1231
12月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:5807ページ

坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)坂の上の魔法使い (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 72)
えっ!!いいところで続くなの?!リー様、どうなってんの?にしても、この子可愛いなぁ〜。リー様も味があるし、何だか半分ドロドロしている感じがいいな。恐いシーンとほんわかシーンの混在で目が離せません。
読了日:12月31日 著者:明治 カナ子
誘惑レシピ4 (ドラコミックス 224)誘惑レシピ4 (ドラコミックス 224)
このシリーズ大好きなんだ!植田くんは砦だったので(笑)まとまってしまったのには驚きだったのだが、三浦が幸せになれてよかった〜(えっそっち?・笑)まとまってしまえばこの二人は一番良い家庭(爆)を築いてくれそうな気が・・・三浦が植田くんに振り回されつつ、美味しい所はガツっと持っていく。でもそれも全て植田くんあってこそなのだよ。ふふふ。お互い初々しくていい感じです!で、タクローたちの今後が・・・!!
読了日:12月31日 著者:楢崎壮太
上海 (幻冬舎ルチル文庫 か 2-2)上海 (幻冬舎ルチル文庫 か 2-2)
離れても忘れない絆。うるうるです。一途っていいな。時代背景にある暗さや切なさ、雰囲気があって素敵なお話でした。旧版の挿絵も良かったですが、ららさん大好きなので新版の表紙にはうっとりでした。
読了日:12月31日 著者:かわい 有美子
藍より甘く (幻冬舎ルチル文庫 い 4-2)藍より甘く (幻冬舎ルチル文庫 い 4-2)
文字を追いながら視覚的に脳内変換出来るお話って大好きなんですが、一穂さんの描かれるお話はそれの最たる感じ。今回は色がキーワードでしたが、学生の頃に沢山勉強したことなので、すんなり思い浮かべることが出来てスゥっと浸透してきて割増で素敵な1冊だった。二人の恋の成就までの過程で切なくなり、その後の甘い感じまで書いてくれて満足。
読了日:12月31日 著者:一穂 ミチ
昔の彼に逢えたら (ダリア文庫)昔の彼に逢えたら (ダリア文庫)
期間限定やら再開やら過去にすれ違いの別れやら、設定は往々にしてこんな展開だよね〜な王道もの。攻の執着は些か独りよがり的に思えなくもないが。
読了日:12月31日 著者:坂井 朱生
弁護士は籠絡される (キャラ文庫 さ 1-16)弁護士は籠絡される (キャラ文庫 さ 1-16)
受けがなぁ・・・どうにも・・・宗近先輩が不憫すぎた。ので、宗近先輩でひとつ(笑)
読了日:12月31日 著者:佐々木禎子
はつ恋 (ビーボーイノベルズ)はつ恋 (ビーボーイノベルズ)
面白かった〜。精神だけ時間を超えてしまったファンタジー。タイムスリップもの。受を救おうとしてどうにかいい方向に持っていこうとする攻の姿にドキドキした。その一途な姿勢が自分自身も救っていたんだよね・・・ラストはある意味お約束感がたっぷりだったけど(笑)、でも素敵。シザーハンズは好きな映画なのでその編のチョイスも◎
読了日:12月31日 著者:榎田 尤利
未熟な誘惑 (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫 229)未熟な誘惑 (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫 229)
攻が今までにないタイプ。泣いてしまうあたりにちょっとドキっ。リバとかあっても面白いかも(笑)お兄さんがどうにもこうにも・・・
読了日:12月31日 著者:渡海 奈穂
華族は熱砂の獲物 (アズ・ノベルズ)華族は熱砂の獲物 (アズ・ノベルズ)
前作の兄ズのお話。篤弘の性格が愉快だった。転んでもタダでは起きないところとかは可愛い(笑)
読了日:12月23日 著者:ゆりの 菜櫻
銀薔楼の徒花 (プリズム文庫 sr-)銀薔楼の徒花 (プリズム文庫 sr-)
表紙の絵のような絡みはなかった・・・半分絵師買いなので期待して残念。男娼二人が某遊郭ものと微妙にかぶって、むむむって感じがした。基本、全然違いますが(笑)
読了日:12月23日 著者:愁堂れな
そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
オヤジ受けじゃない内田さんがちょっと新鮮だった。でもよく思い返してみると、私の初内田さんはオヤジの出てこない学生ものだったような・・・それはさて置き、お色気ムンムンシャツやらざっくりセーターやらが目に毒だった。そんな胸の谷間もありか!(笑)前髪に隠れる眼鏡とその下の瞳もなんだか色気たっぷりだな・・・と思う。
読了日:12月20日 著者:内田 カヲル
バチ☆バチ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)バチ☆バチ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
むちっとがちっとしているのに可愛い。キャラの表情のせいだろうか?カプの組み合わせも意外だけどしっくり来る感じが良い。面白かった。
読了日:12月20日 著者:鬼嶋 兵伍
あなたに真心 にゃん急便 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 み 2-3)あなたに真心 にゃん急便 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 み 2-3)
みろくさんの絵との相乗効果でたまらない一冊。猫耳の必然性にも無理がない、しっかりしたお話。猫好きにはもれなく、そうでなくてもきっと、心くすぐられる要素が沢山つまった可愛らしいお話なので、和み用におススメ。宮にみみしっぽが生えるなら、美猫さんがいつか擬人化して・・・とか妄想してみる。
読了日:12月20日 著者:水瀬 結月
白の道程 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 と)白の道程 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 と)
高田の思考がよくわからなかった。受も、攻の彼女(奥さん)も可愛そうなキャラのように見えて、そうでもないような・・・。もやもや感MAX。
読了日:12月20日 著者:ともな 李以
闇を喰らう獣 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 な)闇を喰らう獣 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 な)
兄編にはいまいち魅力を感じられず。ツンデレ好きなのにな・・・。弟編の方は面白かった。ダメなりに頑張ってる姿がいじらしい。
読了日:12月20日 著者:中原 一也
アルテミスの生贄 (アルルノベルス)アルテミスの生贄 (アルルノベルス)
受キャラが行方不明の兄の捜索にあれだけ一途な理由がちょっと不明瞭。なので、必死になってサロンの生贄になろうとする受に「?」な気分。まじめ攻は珍しい感じのキャラだったのだが、あと一歩な感じかな。絵師&フェアの応募用ってことで・・・あ、水島さん久しぶりに読んだ(笑)
読了日:12月20日 著者:水島 忍
誓いのキスは恋咲く庭で (アルルノベルス)誓いのキスは恋咲く庭で (アルルノベルス)
絵師&フェア応募用に買った・・・ということで(笑)BLにはこんな展開良くあるよね〜と言う設定が詰め込まれておりました。迷い込んだ先での突然の出会い。頑なに自分の気持ちを認めない。でもなんとなく攻めの言動に傷つく。職業BL登場するような頑固オヤジ。雨の中の共同作業。脇の何でも知っている感のあるノンケな幼馴染。でもそこにLは?Lがうすらぼんやりなのに、最後に婚約者かもな女性のいきなりの登場に失笑。パズルを組み立てたら出来上がった絵があまり好みじゃなかった感・・・で終。
読了日:12月20日 著者:桂生 青依
Chance! (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)Chance! (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
一冊にまとまるのを心待ちにしていた作品。長かったような気がしていたら、初出はそんな前だったのか・・・。ままならないこと、自分一人ではどうしようもないこと、足掻いても結果が報われないこと、それに立ち向かっている姿がきゅんと来る。そんな中で水村が九条と出会えたことが救いになって、どうしようもないことの先に待っていた未来が幸せなもので良かったと思う。部長も味があって好きw
読了日:12月14日 著者:河井 英槻
AMETORA―雨寅― (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)AMETORA―雨寅― (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
寅と雨音の天然×策士のイチャラブが可愛かった・・・のだが、初めホラーかミステリー?と思い、途中伏線が色々張られたような気がしていたら、うっちゃったように終息。どっちの方向に向かうのかあれれ〜と思っている間に読み切ってしまった。不思議な一冊だった。それぞれの行く末をもう少し読んでみたい気もする。
読了日:12月14日 著者:依田 沙江美
王子と危険なボディガード (アルルノベルス)王子と危険なボディガード (アルルノベルス)
ボディーガードから警備主任になった途端に攻の可愛らしさ(?)が露呈(笑)この路線で、あと少し読んでみたい。
読了日:12月14日 著者:今泉 まさ子
夏服 (幻冬舎ルチル文庫)夏服 (幻冬舎ルチル文庫)
こそばゆい〜。最近高校生カプには前ほど触手が動かなくなったのに、これはいい一冊だった。二人がそれぞれ不器用で可愛い。坂の多い所に住んでいるので、あの爽快感と苦しさがリアルに思い浮かんで割増で楽しめた。
読了日:12月13日 著者:杉原 理生
金色の龍を抱け (キャラ文庫 み 3-6)金色の龍を抱け (キャラ文庫 み 3-6)
格闘技とか拳法とか、知識がないのでその部分には入り込み憎かった。受が鈍いタイプの○○バカ的なのは嫌いではないが、それに対する攻の印象が薄かったので、脇の秘書(と刑事)に意識が持っていかれてしまった(爆)こちらのカプのお話は出ないのか?
読了日:12月13日 著者:水原とほる
花嫁はペットドクター (白泉社花丸文庫)花嫁はペットドクター (白泉社花丸文庫)
挿絵買いなのでドナドナできないぞ(笑)やっぱり電波だよね・・・私だけの感想じゃないよね(笑)まぁ、花丸だから・・・と言うことで・・・(えっ)。
読了日:12月13日 著者:魚谷 しおり
恋のまがりかど (花音コミックス)恋のまがりかど (花音コミックス)
雑誌掲載中に絵が好みなのと眼鏡の印象が強かったのとでチェックしていた作家さん。長めのお話に挑戦して欲しい。猫のと、オヤジ(?)のと先生の話が気になる・・・最後の四コマ集が楽しかった。
読了日:12月13日 著者:黒山 メッキ
もふ・ウサ (花音コミックス Cita Citaシリーズ)もふ・ウサ (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
もふもふもの、耳ものには弱いんだよ・・・受のツンデレ率が高し。デレもふに読んでるこちらがデレっとしてしまった(笑)
読了日:12月13日 著者:九条 タカオミ
丸角屋の嫁とり (ディアプラスコミックス)丸角屋の嫁とり (ディアプラスコミックス)
設定に奇抜さや真新しさがあるわけではないのに、すごく心に響く作品に仕上がっているのは、登場人物の科白や表情に読者の心が入り込める優しい隙間があるからなのではないかと思う。やはりヒコさんの作品、好きだ〜
読了日:12月13日 著者:山中 ヒコ
きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)きら星ダイヤル (ビーボーイコミックス)
トラウマ持ちの二人のお話。裏にあった要因のエピソードのわりに重すぎず、軽すぎないけど、どちらかと言えばライトより。コマ単位でとてもいい表情をしているところが多いのでクスっとなったりキュンとなったりな1冊でした。見せ場である星空の見開きシーンはコマ割りがちょっと残念だったかな・・・
読了日:12月12日 著者:夏目 イサク
オトナごっこ! (花音コミックス) (花音コミックス Cita Citaシリーズ)オトナごっこ! (花音コミックス) (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
絵がとても好みなので、ストーリーに南月色が出てくればもっといいと思う・・・沢渡父もビジュアルもっとオヤジなら◎だったのに(辛)それにしても、子供&先生に見られていたのが倉庫の方じゃなくてよかったね(爆)
読了日:12月12日 著者:南月 ゆう
図書館恋愛[利用]法 (あすかコミックスCL-DX)図書館恋愛[利用]法 (あすかコミックスCL-DX)
素直で可愛らしい真鈴の表情、言動に和みました。自然に口をつくその一言で相手の心を温かく出来るよい子です(笑)都司は少しキャラが薄くて残念でしたが、眼鏡の種類の多さに萌え萌えしてしまいましたw
読了日:12月12日 著者:隆巳 ジロ
ULTRAS (MARBLE COMICS)ULTRAS (MARBLE COMICS)
じ・・・じいちゃんが結構ツボ(笑)双眼鏡の男の話が何気に気に入った。あの一コマにぷぷぷって感じで(笑)どの作品も、ちょっと切なげに悩んだ表情をみせる時のキャラの目が色っぽいと思う。
読了日:12月12日 著者:えすとえむ
幸せになってみませんか? (MARBLE COMICS)幸せになってみませんか? (MARBLE COMICS)
襲われて〜流されて〜いつも間にやらあなたの虜( ̄▼ ̄*)ニヤッ・・・みたいな(笑)前作の二人も健在で嬉し、楽し、な1冊でした。世話焼きさんって好きだ(&gE;∇&lE;)
読了日:12月12日 著者:腰乃
麻酔科医は夢で乱される (B‐PRINCE文庫)麻酔科医は夢で乱される (B‐PRINCE文庫)
世話好きで隠れ独占欲な攻に、気にしいで頑張り屋の受。どっちもツボだった。甘えて、甘やかせて、甘えさせて、もうお腹いっぱいですなぐらいに甘甘でこれから先80年生きて行って欲しいです。マキちゃんとこと張り合いつつね(笑)
読了日:12月07日 著者:浅見 茉莉
蜜にまみれた罪と嘘 (二見シャレード文庫)蜜にまみれた罪と嘘 (二見シャレード文庫)
女に甘いな…攻はそんな甘さも好きなんだろうけど…記憶喪失とかヤクザとか、設定が生きていたのかどうかが疑問
読了日:12月07日 著者:柊平 ハルモ
芸術家の初恋 (キャラ文庫 と)芸術家の初恋 (キャラ文庫 と)
天然、和装、年齢不詳、穂波さんの挿絵・・・それだけで私には十分です。日浦さんでスピンオフを出すつもりに違いない、と目がキラリ☆です。
読了日:12月06日 著者:遠野春日
恋ひめやも (キャラ文庫 あ 4-5)恋ひめやも (キャラ文庫 あ 4-5)
じんわりと心に沁みる一冊。淡々と恋の渦中に水原を導いていく棚橋・・・いい男だよ(笑)引用の語句やその意味の捉え方もストーリーに深みを与えていて素敵でした。表紙の絵柄構成もすごく素敵!
読了日:12月06日 著者:英田サキ
天狗の嫁取り (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た)天狗の嫁取り (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た)
人外ものは好物なので楽しみにして読んだのですが、途中まで(2/3くらいまで)何故かムカっイラっとして仕方なかった。攻めの一途で頑なな心情も受けの浅慮も読み終わってみれば寛容出来るものの、もっとこう、どうにかなったのでは?と思ってしまった。今後のラブラブモードな二人と、ややこ天狗の話が読みたい!
読了日:12月06日 著者:高尾 理一
2乗な恋の駆け引き (ビーボーイコミックス)2乗な恋の駆け引き (ビーボーイコミックス)
いつもみたいなエロ甘では終わらなかった。ちょっと切ない。カイトも優人もどちらもそれなりに好きな一面があるので、優人の中に戻ってしまったのは残念だった。
読了日:12月06日 著者:みなみ 遥
ピジョン ブラッド (シャレード文庫)ピジョン ブラッド (シャレード文庫)
色々盛り沢山のように見せかけて、後に残るもの無し…(-_-;
読了日:12月01日 著者:吉田 珠姫

読書メーター

拍手する
夏埜 * 雑記録(読了メモ)
0 Comments * 0 Trackbacks * 23:59
スポンサーサイト

拍手する
スポンサードリンク * -
0 Comments * 0 Trackbacks * 23:59
                                                        
Phot Diary
                
Ranking
                

↑お気に入りの記事を見つけたら
ポチっと押してみませんか?
Categories
                
Archive
Search
Welcome!!
~~~~~~~~~~~~~~
管理人@夏埜はるいち
−Haruichi Kaya−
since 2006.10.24
~~~~~~~~~~~~~~
ぬるい管理人がぬるめに運営中。
8割が旧作紹介のあまり参考にならないだろう読後感想と個人的なつぶやきなどが置いてあります。
雑食気味に何でも読みますが、眼鏡と優しい男と職業ものに必萌です。
リンクフリーコメント歓迎
お知らせ頂ければ飛参致します。

【黒猫にごはん。】
…登録する?  by BlogPeople



こっそりと本棚作成中です。
萌補給*素敵サイト様*


<< お気軽にどうぞ♪

Powered by SHINOBI.JP
BL×B.L.People
Links
                
Web kare